ホーム > ニュースリリース > 2012年度 > 2012年11月 プレミアム客船「ドーン・プリンセス」『オーストラリア皆既日食クルーズ』発売開始

ニュースリリース

発表!2012年11月 プレミアム客船「ドーン・プリンセス」
『オーストラリア皆既日食クルーズ』発売開始のお知らせ

2012年4月2日(月)

本年2012年は天文現象の“当たり年”です。日本国内では25年ぶりとなる“金環日食”、次は105年後まで 見られない金星の太陽面通過や月が金星や木星を隠す惑星食など、天文ファンのみならず楽しみな年となるで しょう。

また、注目の“皆既日食”は、11月14日オーストラリア北部で起こり、その息を呑む美しさで多くの 人々を魅了するでしょう。 PTSクルーズデスクでは移動が可能なため日食観測について断然有利なクルーズ船で世紀の天体ショーを観測 する、ドーン・プリンセス『オーストラリア皆既日食クルーズ〜世界遺産グレートバリアリーフとオーストラ リア東海岸周遊』を発表いたしました。

スケジュールは2012年11月5日(月)成田空港を出発、直行便にシドニーへ、シドニーからは気品と落ち着きの あるプレミアム客船の「ドーン・プリンセス」に乗船、12日間の“皆既日食観測”を含むオーストラリア・ グレートバリアリーフと東海岸を周遊する洗練されたクルーズを楽しむ14日間の日程となっております。

2009年7月、日本でも大きな話題となった“皆既日食”では、最適地のトカラ列島が悪天候のため観測が困難 な状況となった反面、クルーズ船はレーダーによる天候予測により、その機動性を活かしてベスト・ポジ ションから日食観測が可能であったことは記憶に新しいところです。

また本クルーズでは、国立天文台助教の相馬 充(そうま・みつる)先生に同行いただき、船上講演会・説明会 を2回実施、世紀の天体ショーを解説していただく予定です。出発前にも参加のお客様を対象に説明会を開催 する予定です。※於:銀座クルーズラウンジ

皆既日食の観測に加え、世界自然遺産・オーストラリア東海岸「グレートバリアリーフ」のクルージングや 素晴らしい寄港地を訪ねるクルーズに多くのお客様がご参加いただけることを願っております。

本件についてのお問合せ
クルーズ&レジャー事業部 (TEL:03-6228-6536)

このページの上へ